電子政府の総合窓口 e-Gov[イーガブ]  
別画面で表示     XML形式ダウンロード     日本法令索引     お問合せ    
このページへのリンク:
流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律施行令 データベースに未反映の改正がある場合があります。
最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。
(平成十七年政令第二百九十八号)
施行日: 平成三十年十月二十二日
最終更新: 平成三十年十月十七日公布(平成三十年政令第二百九十三号)改正 法令ごとに表示される「最終更新」とは?
流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律施行令
平成十七年政令第二百九十八号
流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律施行令
内閣は、流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律(平成十七年法律第八十五号)第二条第十一号ホ及びチ、第四条第三項第三号、第九条第三項、第十三条第三項、第二十二条第一項、第二十三条並びに第二十四条の規定に基づき、この政令を制定する。
(中小企業者の範囲)
第一条 流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律(以下「法」という。)第二条第十六号ホに規定する政令で定める業種並びにその業種ごとの資本金の額又は出資の総額及び常時使用する従業員の数は、次の表のとおりとする。
業種
資本金の額又は出資の総額
常時使用する従業員の数
ゴム製品製造業(自動車又は航空機用タイヤ及びチューブ製造業並びに工業用ベルト製造業を除く。)
三億円
九百人
ソフトウェア業又は情報処理サービス業
三億円
三百人
旅館業
五千万円
二百人
2 第二条第十六号チの政令で定める組合及びその連合会は、次のとおりとする。
一 事業協同組合及び事業協同小組合並びに協同組合連合会
二 水産加工業協同組合及び水産加工業協同組合連合会
三 商工組合及び商工組合連合会
(特定流通業務施設の区分)
第二条 第四条第三項第一号の政令で定める区分は、次のとおりとする。
一 卸売市場
二 倉庫(倉庫業の用に供するものに限る。)
三 前二号に掲げるもの以外の流通業務施設であって、中小企業者が実施する流通業務総合効率化事業(以下「中小企業流通業務総合効率化事業」という。)の用に供するもの
四 前三号に掲げるもの以外の流通業務施設
(貨物利用運送事業法の特例に係る組合又はその連合会)
第三条 第八条第三項の政令で定める組合又はその連合会は、次のとおりとする。
一 事業協同組合若しくは事業協同小組合又は協同組合連合会
二 農業協同組合又は農業協同組合連合会
三 漁業協同組合又は漁業協同組合連合会
四 水産加工業協同組合又は水産加工業協同組合連合会
五 商工組合又は商工組合連合会
六 森林組合又は森林組合連合会
(保険料率)
第四条 第十八条第三項の政令で定める率は、保証をした借入れの期間(中小企業信用保険法施行令(昭和二十五年政令第三百五十号)第二条第一項に規定する借入れの期間をいう。)一年につき、中小企業信用保険法(昭和二十五年法律第二百六十四号)第三条第一項に規定する普通保険及び同法第三条の二第一項に規定する無担保保険にあっては〇・四一パーセント(手形割引等特殊保証(同令第二条第一項に規定する手形割引等特殊保証をいう。以下この条において同じ。)及び当座貸越し特殊保証(同令第二条第一項に規定する当座貸越し特殊保証をいう。以下この条において同じ。)の場合は、〇・三五パーセント)、同法第三条の三第一項に規定する特別小口保険にあっては〇・一九パーセント(手形割引等特殊保証及び当座貸越し特殊保証の場合は、〇・一五パーセント)とする。
(主務大臣)
第五条 第三条第一項、第三項及び第四項における主務大臣は、基本方針のうち、同条第二項第四号に掲げる事項に係る部分については国土交通大臣、同項第五号に掲げる事項に係る部分については経済産業大臣とし、その他の部分については国土交通大臣、経済産業大臣及び農林水産大臣とする。
2 第四条第一項並びに第四項及び第八項(これらの規定を法第五条第三項において準用する場合を含む。第七条において同じ。)、第五条第一項及び第二項並びに第二十六条における主務大臣は、次の各号に掲げる流通業務総合効率化事業の区分に応じ、当該各号に定める大臣とする。ただし、港湾流通拠点地区において特定流通業務施設の整備を行う事業を含む流通業務総合効率化事業については、当該各号に定める大臣及び国土交通大臣とする。
一 中小企業流通業務総合効率化事業 イからハまでの区分に応じ、それぞれイからハまでに定める大臣
イ 貨物流通事業者(貨物の輸送、保管その他の流通のうち国土交通省の所掌に係るものの事業を行う者をいう。以下この項において同じ。)が実施するもの 国土交通大臣及び経済産業大臣
ロ 食品等生産業者等が実施するもの 経済産業大臣及び農林水産大臣
ハ 貨物流通事業者及び食品等生産業者等以外の者が実施するもの 経済産業大臣
二 前号に掲げるもの以外の流通業務総合効率化事業 イからニまでの区分に応じ、それぞれイからニまでに定める大臣
イ 貨物流通事業者が実施するもの 国土交通大臣
ロ 食品等生産業者等が実施するもの(ハに掲げるものを除く。) 農林水産大臣
ハ 食品等生産業者等が実施するもののうち、物資の流通の効率化を図るための情報処理システム、設備又は一連の措置(物資の種類を問わず利用し、又は実施し得るものに限る。)を導入するもの 経済産業大臣及び農林水産大臣
ニ 貨物流通事業者及び食品等生産業者等以外の者が実施するもの 経済産業大臣
3 第七条第一項及び第二項における主務大臣は、次の各号に掲げる特定流通業務施設の区分に応じ、当該各号に定める大臣とする。
一 卸売市場 農林水産大臣
二 倉庫(倉庫業の用に供するものに限る。) 国土交通大臣
三 前二号に掲げるもの以外の流通業務施設であって、中小企業流通業務総合効率化事業の用に供するもの 経済産業大臣
四 前三号に掲げるもの以外の流通業務施設 国土交通大臣、経済産業大臣及び農林水産大臣
(都道府県が処理する事務)
第六条 第四条第一項及び第四項(法第五条第三項において準用する場合を含む。)、第五条第一項及び第二項、第七条第一項及び第二項並びに第二十六条の規定による主務大臣の権限に属する事務のうち経済産業大臣の権限(一の都道府県の区域内のみにおいて実施される中小企業流通業務総合効率化事業に係るものに限る。)に属する事務は、当該区域を管轄する都道府県知事が行うこととする。この場合においては、当該事務に係る主務大臣に関するこれらの規定は、都道府県知事に関する規定として都道府県知事に適用があるものとする。
(権限の委任)
第七条 第四条第一項、第四項及び第八項、第五条第一項及び第二項並びに第二十六条の規定による主務大臣の権限のうち国土交通大臣に属する権限並びに法第四条第七項(法第五条第三項において準用する場合を含む。次項において同じ。)の規定による国土交通大臣の権限(いずれも一の地方運輸局の管轄区域内のみにおいて実施される流通業務総合効率化事業に係るものに限り、貨物軌道事業に係るもの及び港湾流通拠点地区において特定流通業務施設の整備を行う事業に係るものを除く。)並びに法第七条第一項及び第二項の規定による主務大臣の権限のうち国土交通大臣に属する権限(当該区域内のみにおいて実施される流通業務総合効率化事業に係るものに限る。)は、当該区域を管轄する地方運輸局長(運輸監理部長を含む。)に委任する。
2 第四条第一項、第四項及び第八項、第五条第一項及び第二項並びに第二十六条の規定による主務大臣の権限のうち国土交通大臣に属する権限並びに法第四条第七項の規定による国土交通大臣の権限(いずれも一の地方整備局又は北海道開発局の管轄区域内のみにおいて実施される流通業務総合効率化事業に係るもののうち港湾流通拠点地区において特定流通業務施設の整備を行う事業に係るものに限る。)並びに法第四条第九項及び第十項(これらの規定を法第五条第三項において準用する場合を含む。)の規定による国土交通大臣の権限(当該区域内のみにおいて実施される流通業務総合効率化事業に係るものに限る。)は、当該区域を管轄する地方整備局長又は北海道開発局長に委任する。
3 第四条第一項、第四項及び第八項、第五条第一項及び第二項、第七条第一項及び第二項並びに第二十六条の規定による主務大臣の権限のうち経済産業大臣に属する権限(一の経済産業局の管轄区域内のみにおいて実施される流通業務総合効率化事業に係るものに限り、中小企業流通業務総合効率化事業に係るものを除く。)は、当該区域を管轄する経済産業局長に委任する。
4 第四条第一項、第四項及び第八項、第五条第一項及び第二項、第七条第一項及び第二項並びに第二十六条の規定による主務大臣の権限のうち農林水産大臣に属する権限(一の地方農政局の管轄区域内のみにおいて実施される流通業務総合効率化事業に係るものに限る。)は、当該区域を管轄する地方農政局長に委任する。
附 則 抄
(施行期日)
第一条 この政令は、の施行の日(平成十七年十月一日)から施行する。
(中小企業流通業務効率化促進法施行令の廃止)
第二条 中小企業流通業務効率化促進法施行令(平成四年政令第二百八十二号)は、廃止する。
附 則 (平成一八年四月二六日政令第一八〇号) 抄
(施行期日)
第一条 この政令は、会社法の施行の日(平成十八年五月一日)から施行する。
附 則 (平成二三年三月三〇日政令第四九号)
(施行期日)
第一条 この政令は、平成二十三年四月一日から施行する。
(経過措置)
第二条 この政令の施行前に成立している保険関係については、なお従前の例による。
附 則 (平成二五年九月一九日政令第二七六号)
この政令は、小規模企業の事業活動の活性化のための中小企業基本法等の一部を改正する等の法律の施行の日(平成二十五年九月二十日)から施行する。
附 則 (平成二八年九月七日政令第二九六号)
この政令は、流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律の一部を改正する法律の施行の日(平成二十八年十月一日)から施行する。
附 則 (平成三〇年一〇月一七日政令第二九三号) 抄
(施行期日)
第一条 この政令は、改正法の施行の日(平成三十年十月二十二日)から施行する。