電子政府の総合窓口 e-Gov[イーガブ]  
別画面で表示     XML形式ダウンロード     日本法令索引     お問合せ    
このページへのリンク:
警察職員の服務の宣誓に関する規則 データベースに未反映の改正がある場合があります。
最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。
(昭和二十九年国家公安委員会規則第七号)
施行日: 基準日時点
最終更新: 基準日 法令ごとに表示される「最終更新」とは?
警察職員の服務の宣誓に関する規則
昭和二十九年国家公安委員会規則第七号
警察職員の服務の宣誓に関する規則
人事院規則一四―六(職員の服務の宣誓)第二項の規定に基き、警察職員の服務の宣誓に関する規則を次のように定める。
新たに警察職員(非常勤職員(国家公務員法(昭和二十二年法律第百二十号)第八十一条の五第一項に規定する短時間勤務の官職を占める職員を除く。)及び臨時的職員を除く。)となつた者は、次の宣誓書に署名して任免権者に提出しなければならない。
  宣 誓 書
 私は、日本国憲法及び法律を忠実に擁護し、命令を遵守し、警察職務に優先してその規律に従うべきことを要求する団体又は組織に加入せず、何ものにもとらわれず、何ものをも恐れず、何ものをも憎まず、良心のみに従い、不偏不党且つ公平中正に警察職務の遂行に当ることを固く誓います。
  年 月 日
氏      名  
附 則
この規則は、昭和二十九年七月一日から施行する。
附 則 (平成一四年四月一日国家公安委員会規則第七号)
この規則は、公布の日から施行する。