• 法令検索
  • 電子申請
  • 行政手続案内検索
  • パブリックコメント
  • よくあるご質問
 
別画面で表示    XML形式ダウンロード     日本法令索引
改正履歴を見たい方はこちら
このページへのリンク:
人事院規則二―一四(人事院の職員の定員)
(平成十八年人事院規則二―一四)
施行日: 基準日時点
最終更新: 基準日 法令ごとに表示される「最終更新」とは?
人事院規則二―一四(人事院の職員の定員)
平成十八年人事院規則二―一四
人事院規則二―一四(人事院の職員の定員)
人事院は、国家公務員法(昭和二十二年法律第百二十号)に基づき、人事院の職員の定員に関し次の人事院規則を制定する。
人事院の職員(常勤を要しない職員を除く。以下同じ。)の定員は、六百二十五人(うち十二人は、国家公務員倫理審査会事務局の職員の定員とする。)とする。
附 則
この規則は、公布の日から施行する。
附 則 (平成一八年三月三一日人事院規則二―一四―一)
(施行期日)
1 この規則は、平成十八年四月一日から施行する。
(定員の特例)
2 平成十八年九月三十日までの間は、この規則による改正後の規則二―一四本則中「六百九十六人」とあるのは、「六百九十七人」とする。
附 則 (平成一九年三月三〇日人事院規則二―一四―二)
(施行期日)
1 この規則は、平成十九年四月一日から施行する。
(定員の特例)
2 平成十九年八月三十一日までの間は、この規則による改正後の規則二―一四本則中「六百九十一人」とあるのは、「六百九十二人」とする。
附 則 (平成二〇年四月一日人事院規則二―一四―三)
(施行期日)
1 この規則は、公布の日から施行する。
(定員の特例)
2 平成二十年四月一日から同年八月三十一日までの間は、この規則による改正後の規則二―一四本則中「六百八十人」とあるのは、「六百八十七人」とする。
3 平成二十年九月一日から同年九月三十日までの間は、この規則による改正後の規則二―一四本則中「六百八十人」とあるのは、「六百八十六人」とする。
附 則 (平成二一年四月一日人事院規則二―一四―四)
(施行期日)
1 この規則は、公布の日から施行する。
(定員の特例)
2 平成二十一年八月三十一日までの間は、改正後の規則二―一四本則中「六百七十一人」とあるのは、「六百七十二人」とする。
附 則 (平成二二年四月一日人事院規則二―一四―五)
(施行期日)
1 この規則は、公布の日から施行する。
(定員の特例)
2 平成二十二年八月三十一日までの間は、改正後の規則二―一四本則中「六百六十二人」とあるのは、「六百六十三人」とする。
附 則 (平成二三年四月一日人事院規則二―一四―六)
(施行期日)
1 この規則は、公布の日から施行する。
(定員の特例)
2 平成二十三年九月一日から同年十月三十一日までの間は、改正後の規則二―一四本則中「六百五十八人」とあるのは、「六百五十六人」とする。
附 則 (平成二四年四月六日人事院規則二―一四―七)
(施行期日)
1 この規則は、公布の日から施行し、改正後の規則二―一四の規定及び次項の規定は、平成二十四年四月一日から適用する。
(定員の特例)
2 平成二十四年十一月三十日までの間は、改正後の規則二―一四本則中「六百五十一人」とあるのは、「六百五十三人」とする。
附 則 (平成二五年五月一六日人事院規則二―一四―八)
この規則は、公布の日から施行し、改正後の規則二―一四の規定は、平成二十五年四月一日から適用する。
附 則 (平成二六年四月一日人事院規則二―一四―九)
この規則は、公布の日から施行する。
附 則 (平成二六年五月二九日人事院規則一―六二) 抄
(施行期日)
第一条 この規則は、国家公務員法等の一部を改正する法律(平成二十六年法律第二十二号)の施行の日から施行する。
附 則 (平成二七年四月一〇日人事院規則二―一四―一〇)
この規則は、公布の日から施行し、改正後の規則二―一四の規定は、平成二十七年四月一日から適用する。
附 則 (平成二八年三月三〇日人事院規則二―一四―一一)
この規則は、平成二十八年四月一日から施行する。
附 則 (平成二九年三月三一日人事院規則二―一四―一二)
この規則は、平成二十九年四月一日から施行する。