電子政府の総合窓口 e-Gov[イーガブ]  
別画面で表示     XML形式ダウンロード     日本法令索引     お問合せ    
このページへのリンク:
臨床検査技師等に関する法律施行規則 データベースに未反映の改正がある場合があります。
最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。
(昭和三十三年厚生省令第二十四号)
施行日: 基準日時点
最終更新: 基準日 法令ごとに表示される「最終更新」とは?
臨床検査技師等に関する法律施行規則
昭和三十三年厚生省令第二十四号
臨床検査技師等に関する法律施行規則
衛生検査技師法(昭和三十三年法律第七十六号)第十七条及び附則第三項並びに衛生検査技師法施行令(昭和三十三年政令第二百二十六号)第三条、第四条及び第十二条の規定に基き、衛生検査技師法施行規則を次のように定める。
第一章 業務
(法第二条の厚生労働省令で定める生理学的検査)
第一条 臨床検査技師等に関する法律(以下「法」という。)第二条の厚生労働省令で定める生理学的検査は、次に掲げる検査とする。
一 心電図検査(体表誘導によるものに限る。)
二 心音図検査
三 脳波検査(頭皮誘導によるものに限る。)
四 筋電図検査(針電極による場合の穿せん 刺を除く。)
五 基礎代謝検査
六 呼吸機能検査(マウスピース及びノーズクリップ以外の装着器具によるものを除く。)
七 脈波検査
八 熱画像検査
九 眼振電図検査(冷水若しくは温水、電気又は圧迫による刺激を加えて行うものを除く。)
十 重心動揺計検査
十一 超音波検査
十二 磁気共鳴画像検査
十三 眼底写真検査(散どう 薬を投与して行うものを除く。)
十四 毛細血管抵抗検査
十五 経皮的血液ガス分圧検査
十六 聴力検査(気導により行われる定性的な検査であつて次に掲げる周波数及び聴力レベルによるものを除いたものに限る。)
イ 周波数千ヘルツ及び聴力レベル三十デシベルのもの
ロ 周波数四千ヘルツ及び聴力レベル二十五デシベルのもの
ハ 周波数四千ヘルツ及び聴力レベル三十デシベルのもの
ニ 周波数四千ヘルツ及び聴力レベル四十デシベルのもの
十七 基準嗅覚検査及び静脈性嗅覚検査(静脈に注射する行為を除く。)
十八 電気味覚検査及びろ紙ディスク法による味覚定量検査
第一章の二 免許
(法第四条第一号の厚生労働省令で定める者)
第一条の二 法第四条第一号の厚生労働省令で定める者は、視覚又は精神の機能の障害により臨床検査技師の業務を適正に行うに当たつて必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない者とする。
(障害を補う手段等の考慮)
第一条の三 厚生労働大臣は、臨床検査技師の免許の申請を行つた者が前条に規定する者に該当すると認める場合において、当該者に免許を与えるかどうかを決定するときは、当該者が現に利用している障害を補う手段又は当該者が現に受けている治療等により障害が補われ、又は障害の程度が軽減している状況を考慮しなければならない。
(免許の申請手続)
第一条の四 臨床検査技師等に関する法律施行令(以下「令」という。)第一条の臨床検査技師の免許の申請書は、様式第一によるものとする。
2 令第一条の規定により、臨床検査技師の免許を受けようとする者が前項の申請書に添えなければならない書類は、次のとおりとする。
一 戸籍の謄本又は抄本(出入国管理及び難民認定法(昭和二十六年政令第三百十九号)第十九条の三に規定する中長期在留者(以下「中長期在留者」という。)及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(平成三年法律第七十一号)に定める特別永住者(以下「特別永住者」という。)については住民票の写し(住民基本台帳法(昭和四十二年法律第八十一号)第三十条の四十五に規定する国籍等を記載したものに限る。第二条の二第二項及び第三条の二第二項において同じ。)とし、出入国管理及び難民認定法第十九条の三各号に掲げる者については旅券その他の身分を証する書類の写しとする。)
二 視覚若しくは精神の機能の障害又は麻薬、あへん若しくは大麻の中毒者であるかないかに関する医師の診断書
(登録事項)
第二条 令第二条第五号の規定により、同条第一号から第四号までに掲げる事項以外で臨床検査技師名簿に登録する事項は、次のとおりとする。
一 再免許の場合には、その旨
二 免許証を書換交付し、又は再交付した場合には、その旨並びにその理由及び年月日
三 登録の消除をした場合には、その旨並びにその理由及び年月日
(名簿の訂正の申請手続)
第二条の二 令第三条第二項の臨床検査技師名簿の訂正の申請書は、様式第二によるものとする。
2 前項の申請書には、戸籍の謄本又は抄本(中長期在留者及び特別永住者については住民票の写し及び令第三条第一項の申請の事由を証する書類とし、出入国管理及び難民認定法第十九条の三各号に掲げる者については旅券その他の身分を証する書類の写し及び同項の申請の事由を証する書類とする。)を添えなければならない。
(免許証の様式)
第三条 法第六条第二項の臨床検査技師免許証は、様式第三によるものとする。
(免許証の書換交付申請)
第三条の二 令第五条第二項の免許証の書換交付の申請書は、様式第二によるものとする。
2 前項の申請書には、戸籍の謄本又は抄本(中長期在留者及び特別永住者については住民票の写し及び令第五条第一項の申請の事由を証する書類とし、出入国管理及び難民認定法第十九条の三各号に掲げる者については旅券その他の身分を証する書類の写し及び同項の申請の事由を証する書類とする。)を添えなければならない。
(免許証の再交付申請)
第三条の三 令第六条第二項の免許証の再交付の申請書は、様式第四によるものとする。
2 前項の申請書には、戸籍の謄本若しくは抄本又は住民票の写し(住民基本台帳法第七条第五号に掲げる事項(中長期在留者及び特別永住者については、同法第三十条の四十五に規定する国籍等)を記載したものに限る。)(出入国管理及び難民認定法第十九条の三各号に掲げる者については、旅券その他の身分を証する書類の写し。)を添えなければならない。
3 令第六条第三項の手数料の額は、三千百円とする。
(登録免許税及び手数料の納付)
第三条の四 第一条の四第一項又は第二条の二第一項の申請書には、登録免許税の領収証書又は登録免許税の額に相当する収入印紙をはらなければならない。
2 前条第一項の申請書には、手数料の額に相当する収入印紙をはらなければならない。
第二章 試験
(試験の公告)
第四条 臨床検査技師国家試験(以下「試験」という。)を施行する期日及び場所並びに受験願書の提出期間は、あらかじめ官報で公告する。
(試験科目)
第五条 試験の科目は、次のとおりとする。
一 医用工学概論(情報科学概論及び検査機器総論を含む。)
二 公衆衛生学(関係法規を含む。)
三 臨床検査医学総論(臨床医学総論及び医学概論を含む。)
四 臨床検査総論(検査管理総論及び医動物学を含む。)
五 病理組織細胞学
六 臨床生理学
七 臨床化学(放射性同位元素検査技術学を含む。)
八 臨床血液学
九 臨床微生物学
十 臨床免疫学
(受験の手続)
第六条 試験を受けようとする者は、様式第五による受験願書に次に掲げる書類を添え、これを厚生労働大臣に提出しなければならない。
一 法第十五条第一号に該当する者であるときは、修業証明書又は卒業証書の写し若しくは卒業証明書
二 令第十八条第一号に該当する者であるときは、卒業証書の写し又は卒業証明書
三 令第十八条第二号に該当する者であるときは、医師免許証若しくは歯科医師免許証の写し又は外国の医師免許若しくは歯科医師免許を受けたことを証する書類
四 令第十八条第三号に該当する者であるときは、次に掲げるいずれかの書類及び令第十八条第三号に規定する大学又は学校若しくは臨床検査技師養成所において厚生労働大臣の指定する生理学的検査及び採血に関する科目を修めたことを証する書類
イ 令第十八条第三号イ又はハに該当する者であるときは、卒業証書の写し又は卒業証明書
ロ 令第十八条第三号ロに該当する者であるときは、獣医師免許証又は薬剤師免許証の写し
ハ 令第十八条第三号ニに該当する者であるときは、卒業証書の写し又は卒業証明書及び同号ニの規定による厚生労働大臣の指定する検査に関する科目を修めたことを証する書類
ニ 令第十八条第三号ホに該当する者であるときは、外国の医学校、歯科医学校、獣医学校若しくは薬学校を卒業し、又は外国で獣医師免許若しくは薬剤師免許を受けたことを証する書類
五 法第十五条第三号に該当する者であるときは、外国の法第二条に規定する検査に関する学校若しくは養成所を卒業し、又は外国で臨床検査技師の免許に相当する免許を受けたことを証する書類
六 写真(出願前六箇月以内に脱帽して正面から撮影した縦六センチメートル横四センチメートルのもので、その裏面には撮影年月日及び氏名を記載すること。)
(受験手数料)
第七条 試験を受けようとする者は、手数料として一万千三百円を納めなければならない。
(合格証書)
第八条 試験に合格した者には、合格証書を交付する。
(合格証明書)
第九条 試験に合格した者は、合格証明書の交付を申請することができる。
2 前項の規定によつて合格証明書の交付を申請する者は、手数料として二千九百五十円を納めなければならない。
(手数料の納入方法)
第十条 第七条又は前条第二項の規定による手数料を納めるには、その金額に相当する収入印紙を受験願書又は申請書にはらなければならない。
第三章 衛生検査所
(登録の申請手続)
第十一条 法第二十条の三第一項に規定する衛生検査所(以下「衛生検査所」という。)について同項の登録を受けようとする者は、様式第六による申請書をその衛生検査所の所在地の都道府県知事(その所在地が保健所を設置する市又は特別区の区域にある場合においては、市長又は区長。以下この章において同じ。)に提出しなければならない。
2 前項の申請書には、次に掲げる書類を添えなければならない。
一 衛生検査所の図面
二 検査業務の管理を職務とする者(以下「管理者」という。)の同意書(開設者が自ら管理を行う場合を除く。)及び履歴書
三 医師以外の者が管理者である場合にあつては、衛生検査所の検査業務を指導監督するために選任された医師の同意書及び当該管理者の就任に関する当該医師の承諾書
四 専ら精度管理(検査の精度を適正に保つことをいう。以下同じ。)を職務とする者(以下「精度管理責任者」という。)の同意書及び履歴書
五 次条第十二号に掲げる検査案内書
六 次条第十三号に掲げる標準作業書
七 次条第十四号に掲げる作業日誌
八 次条第十五号に掲げる台帳
九 次条第十六号に掲げる組織運営規程
十 営業所に関する書類
(衛生検査所の登録基準)
第十二条 法第二十条の三第二項の厚生労働省令で定める基準は、次のとおりとする。
一 電気冷蔵庫、電気冷凍庫及び遠心器のほか、別表第一の上欄に掲げる検査にあつては、同表の中欄に掲げる検査の内容に応じ、同表の下欄に掲げる検査用機械器具を有すること。
二 別表第二の各号の上欄に掲げる区分に応じ、同表の下欄に掲げる面積以上の面積を有する検査室を有すること。ただし、血液を血清及び血餅に分離すること(以下「血清分離」という。)のみを行う衛生検査所にあつては、十平方メートル以上の面積を有する検査室を有すること。
三 検査室は、検査室以外の場所から区別され、十分な照明及び換気がされるものであること。
四 微生物学的検査をする検査室は、専用のものであり、かつ、他の検査室とも明確に区別されていること。
五 医薬品である放射性同位元素で密封されていないもの(放射性同位元素の数量及び濃度が別表第三に定める数量及び濃度を超えるものに限る。以下「検体検査用放射性同位元素」という。)を備える衛生検査所は、厚生労働大臣が定める基準に適合する検体検査用放射性同位元素の使用室、貯蔵施設、運搬容器及び廃棄施設の構造設備を有すること並びにその衛生検査所の管理に関して厚生労働大臣が定める基準に適合するために必要な措置を講じていること。
六 防じん及び防虫のための設備を有すること。
七 廃水及び廃棄物の処理に要する設備又は器具を備えていること。
八 検査業務に従事する者の消毒のための設備を有すること。
九 管理者として検査業務に関し相当の経験を有する医師が置かれているか、又は管理者として検査業務に関し相当の経験を有する臨床検査技師(検体検査用放射性同位元素を備える衛生検査所にあつては、管理者として当該衛生検査所における検査業務の管理に関し必要な知識及び技能を有する臨床検査技師として厚生労働大臣が別に定める臨床検査技師に限る。)が置かれ、かつ、衛生検査所の検査業務を指導監督するための医師が選任されていること。
十 別表第四の各号の上欄に掲げる区分に応じ、同表の下欄に掲げる人数以上の医師又は臨床検査技師が置かれていること。ただし、血清分離のみを行う衛生検査所にあつては、一人以上の医師又は臨床検査技師が置かれていること。
十一 第九号に掲げる管理者及び前号に掲げる者のほか、精度管理責任者として、検査業務に関し相当の経験を有し、かつ、精度管理に関し相当の知識及び経験を有する医師又は臨床検査技師が置かれていること。
十二 次に掲げる事項を記載した検査案内書(イからチまでに掲げる事項については検査項目ごとに記載したものに限る。)が作成されていること。
イ 検査方法
ロ 基準値及び判定基準
ハ 医療機関に緊急報告を行うこととする検査値の範囲
ニ 検査に要する日数
ホ 測定(形態学的検査及び画像認識による検査を含む。以下同じ。)を委託する場合にあつては、実際に測定を行う衛生検査所等の名称
ヘ 検体の採取条件、採取容器及び採取量
ト 検体の保存条件
チ 検体の提出条件
リ 検査依頼書及び検体ラベルの記載項目
ヌ 検体を医療機関から衛生検査所(他の衛生検査所等に測定を委託する場合にあつては、当該衛生検査所等)まで搬送するのに要する時間の欄
十三 別表第五に定めるところにより、標準作業書が作成されていること。
十四 別表第五の上欄に掲げる標準作業書に記載された作業日誌の記入要領に従い、次に掲げる作業日誌(事故又は異常への対応に関する記録の欄が設けられているものに限る。)が作成されていること。ただし、血清分離のみを行う衛生検査所にあつては、ハ及びヘに掲げる作業日誌を、血清分離を行わない衛生検査所にあつては、ニに掲げる作業日誌を作成することを要しない。
イ 検体受領作業日誌
ロ 検体搬送作業日誌
ハ 検体受付及び仕分作業日誌
ニ 血清分離作業日誌
ホ 検査機器保守管理作業日誌
ヘ 測定作業日誌
十五 次に掲げる台帳が作成されていること。ただし、血清分離のみを行う衛生検査所にあつては、ロからニまでに掲げる台帳を作成することを要しない。
イ 委託検査管理台帳
ロ 試薬管理台帳
ハ 統計学的精度管理台帳
ニ 外部精度管理台帳
ホ 検査結果報告台帳
ヘ 苦情処理台帳
十六 衛生検査所の組織、運営その他必要な事項を定めた組織運営規程を有すること。
十七 前各号に掲げるもののほか、精度管理に必要な措置が講じられていること。
2 衛生検査所の管理者は、検体検査用放射性同位元素又は放射性同位元素によつて汚染された物の廃棄を、医療法施行規則(昭和二十三年厚生省令第五十号)第三十条の十四の二第一項の規定に基づき別に厚生労働省令で指定を受けた者に委託することができる。この場合においては、前項第五号の規定中廃棄施設にかかる部分は、適用しない。
(衛生検査所の開設者の義務)
第十二条の二 衛生検査所の開設者は、管理者の下に精度管理責任者を中心とした精度管理のための体制を整備すること等により、検査に係るすべての作業を通じて十分な精度管理が行われるように配慮しなければならない。
2 衛生検査所の開設者は、その衛生検査所の検査業務について、外部精度管理調査(都道府県その他の適当と認められる者が行う精度管理に関する調査をいう。)を受けなければならない。ただし、血清分離のみを行う衛生検査所については、この限りでない。
3 衛生検査所の開設者は、検査業務に従事する者に必要な研修を受けさせなければならない。
(書類の保存)
第十二条の三 衛生検査所の管理者は、第十二条第十四号及び第十五号に掲げる書類を二年間保存しなければならない。
(登録証明書)
第十三条 都道府県知事は、法第二十条の三第一項の登録をしたときは、申請者に同条第三項各号に掲げる事項並びに登録番号及び登録年月日を記載した登録証明書を交付するものとする。
(登録の変更)
第十四条 法第二十条の四第一項に規定する登録の変更を受けようとする衛生検査所の開設者は、様式第七による申請書に前条に規定する登録証明書を添え、これをその衛生検査所の所在地の都道府県知事に提出しなければならない。
2 都道府県知事は、登録の変更をしたときは、前項の規定により提出された登録証明書にその旨を記載し、交付するものとする。
(休廃止等の届出)
第十五条 衛生検査所を廃止し、休止し、又は休止した衛生検査所を再開した場合における法第二十条の四第三項の規定による届出は、様式第八による届書を提出することによつて行うものとする。
(変更の届出)
第十六条 法第二十条の四第三項の規定により変更の届出をしなければならない事項は、次のとおりとする。
一 第十二条第九号に掲げる管理者の氏名
二 第十二条第十一号に掲げる精度管理責任者の氏名
三 第十二条第十六号に掲げる組織運営規程
2 前項の届出は、様式第九による届書を提出することによつて行うものとする。
3 管理者の変更の場合にあつては、第十一条第二項第二号及び第三号に掲げる書類を、精度管理責任者の変更の場合にあつては、同項第四号に掲げる書類を添えなければならない。
(法第二十条の四第四項の厚生労働省令で定める場合)
第十七条 法第二十条の四第四項の厚生労働省令で定める場合は、次に掲げる場合とする。
一 衛生検査所に検体検査用放射性同位元素を備えている場合
二 次条第一項第三号又は第四号に掲げる事項を変更しようとする場合
三 衛生検査所に検体検査用放射性同位元素を備えなくなつた場合
(検体検査用放射性同位元素の届出)
第十七条の二 衛生検査所に検体検査用放射性同位元素を備えようとするときの法第二十条の四第四項の規定による届出は、あらかじめ、次に掲げる事項を記載した届書を提出することによつて行うものとする。
一 衛生検査所の名称及び所在地
二 その年に使用を予定する検体検査用放射性同位元素の種類、形状及びベクレル単位をもつて表わした数量
三 ベクレル単位をもつて表わした検体検査用放射性同位元素の種類ごとの最大貯蔵予定数量、一日の最大使用予定数量及び三月間の最大使用予定数量
四 検体検査用放射性同位元素の使用室、貯蔵施設、運搬容器及び廃棄施設の放射線障害の防止に関する構造設備及び予防措置の概要
2 前条第一号に該当する場合の法第二十条の四第四項の規定による届出は、毎年十二月二十日までに、翌年において使用を予定する検体検査用放射性同位元素について前項第一号及び第二号に掲げる事項を記載した届書を提出することによつて行うものとする。
3 前条第二号に該当する場合の法第二十条の四第四項の規定による届出は、あらかじめ、その旨を記載した届書を提出することによつて行うものとする。
4 前条第三号に該当する場合の法第二十条の四第四項の規定による届出は、十日以内にその旨を記載した届書を、三十日以内にその後の措置を記載した届書を提出することによつて行うものとする。
(登録証明書の書換え交付の申請)
第十八条 衛生検査所の開設者は、衛生検査所の登録証明書の記載事項に変更を生じたときは、その書換え交付を申請することができる。
2 前項の申請は、様式第十による申請書に衛生検査所の登録証明書を添えて、これをその衛生検査所の所在地の都道府県知事に提出することによつて行うものとする。
(登録証明書の再交付の申請)
第十九条 衛生検査所の開設者は、衛生検査所の登録証明書を破り、よごし、又は失つたときは、その再交付を申請することができる。
2 前項の申請は、様式第十一による申請書をその衛生検査所の所在地の都道府県知事に提出することによつて行うものとする。この場合においては、破り、又はよごした衛生検査所の登録証明書を、申請書に添えなければならない。
3 衛生検査所の開設者は、衛生検査所の登録証明書の再交付を受けた後、失つた衛生検査所の登録証明書を発見したときは、直ちにこれをその衛生検査所の所在地の都道府県知事に返納しなければならない。
(登録証明書の返納)
第二十条 衛生検査所の開設者は、法第二十条の七の規定による衛生検査所の登録の取消処分を受けたとき、又はその業務を廃止したときは、直ちにその衛生検査所の所在地の都道府県知事にその衛生検査所の登録証明書を返納しなければならない。
(期限の特例)
第二十一条 第十七条の二第四項及び第五項に規定する届出の期限が地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第四条の二第一項に規定する地方公共団体の休日に当たるときは、地方公共団体の休日の翌日をもつてその期限とみなす。
第二十二条 法第二十条の五第二項に規定する証明書は、様式第十二による。
附 則
(施行期日)
1 この省令は、昭和三十三年七月二十二日から施行する。
(受験願書に添えるべき書類の特例)
2 法附則第二項又は第三項の規定により試験を受けようとする者は、第六条の受験願書に、同条第二号又は第三号に掲げる書類に代えて、それぞれ法附則第二項又は第三項に該当する者であることを証する書類を添えなければならない。
(高等学校に入学することができる者と同等以上の学力があると認められる者)
3 法附則第三項の規定により高等学校に入学することができる者と同等以上の学力があると認められる者は、次のとおりとする。
一 旧国民学校令(昭和十六年勅令第百四十八号)による国民学校の高等科を修了した者
二 旧中等学校令(昭和十八年勅令第三十六号)による中等学校の二年の課程を終つた者
三 旧師範教育令(昭和十八年勅令第百九号)による附属中学校又は附属高等女学校の第二学年を修了した者
四 旧高等学校令(大正七年勅令第三百八十九号)による高等学校尋常科の第二学年を修了した者
五 旧青年学校令(昭和十四年勅令第二百五十四号)による青年学校の普通科の課程を修了した者
六 昭和十八年文部省令第六十三号(内地以外の地域に於ける学校の生徒、児童、卒業者等の他の学校へ入学及転学に関する規程)第一条から第三条まで及び第七条の規定により第一号、第二号又は第四号に掲げる者と同一の取扱を受ける者
七 前各号に掲げる者のほか、厚生大臣において法附則第三項の施設の入所に関し高等学校に入学することができる者とおおむね同等の学力を有すると認定する者
附 則 (昭和三六年一二月二八日厚生省令第五五号)
この省令は、公布の日から施行する。
附 則 (昭和四三年一二月二五日厚生省令第五四号)
この省令は、公布の日から施行する。
附 則 (昭和四五年一二月三日厚生省令第五八号)
1 この省令は、昭和四十六年一月一日から施行する。
2 衛生検査技師法の一部を改正する法律(昭和四十五年法律第八十三号。以下「改正法」という。)附則第七条、第八条又は第九条の規定により臨床検査技師国家試験を受けようとする者は、第六条の受験願書に、同条第一号から五号までに掲げる書類に代えて、改正法附則第七条、第八条又は第九条に該当する者であることを証する書類を添えなければならない。
3 改正法附則第十条の旧中等学校令(昭和十八年勅令第三十六号)による中等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者は、次のとおりとする。
一 旧師範教育令(昭和十八年勅令第百九号)による師範学校予科を修了した者
二 旧師範教育令による附属中学校又は附属高等女学校を卒業した者
三 旧師範教育令による改正前の同令(明治三十年勅令第三百四十六号)による師範学校本科第一部の第三学年を修了した者
四 昭和十八年文部省令第六十三号(内地以外の地域における学校の生徒、児童、卒業者等の他の学校へ入学及転学に関する規程)第二条又は第五条の規定により中等学校を卒業した者又は第一号に掲げる者と同一の取扱を受ける者
五 旧専門学校令(明治三十六年勅令第六十一号)に基づく旧専門学校入学者検定規程(大正十三年文部省令第二十二号)による試験検定に合格した者及び同検定規程第十一条第二項の規定により文部大臣において専門学校入学に関し中学校又は高等女学校卒業者と同等以上の学力を有するものと指定した者
六 旧実業学校卒業程度検定規程(大正十四年文部省令第三十号)による検定に合格した者
七 旧高等試験令(昭和四年勅令第十五号)第七条の規定による試験に合格した者
八 教育職員免許法施行法(昭和二十四年法律第百四十八号)第一条第一項の表の第二号、第三号、第六号又は第九号の上欄に掲げる教員免許状を有する者
九 前各号に掲げる者のほか、文部科学大臣において学校の入学に関し、又は厚生労働大臣において養成所の入所に関し中等学校の卒業者と同等以上の学力を有するものと認定した者
附 則 (昭和五〇年一一月八日厚生省令第四〇号)
この省令は、昭和五十年十一月十日から施行する。
附 則 (昭和五一年三月三一日厚生省令第一〇号) 抄
1 この省令は、昭和五十一年四月十日から施行する。
附 則 (昭和五三年三月二九日厚生省令第一一号)
この省令は、昭和五十三年四月一日から施行する。
附 則 (昭和五六年三月二日厚生省令第一〇号)
1 この省令は、臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律の一部を改正する法律(昭和五十五年法律第百五号)の施行の日(昭和五十六年三月六日)から施行する。
2 この省令の施行の際現に検体検査用放射性同位元素を備えている衛生検査所については、改正後の第十二条第五号の規定及び第九号の規定中検体検査用放射性同位元素を備えている衛生検査所に係る部分は、昭和五十六年九月五日までは、適用しない。
附 則 (昭和五六年三月三一日厚生省令第二二号) 抄
(施行期日)
1 この省令は、昭和五十六年四月一日から施行する。
附 則 (昭和五六年五月二五日厚生省令第三四号)
この省令は、公布の日から施行する。
附 則 (昭和五九年四月一三日厚生省令第二五号)
この省令は、昭和五十九年四月二十日から施行する。
附 則 (昭和六一年四月一〇日厚生省令第二八号)
この省令は、昭和六十一年十月一日から施行する。
附 則 (昭和六二年二月一四日厚生省令第一〇号)
この省令は、昭和六十五年一月一日から施行する。
附 則 (昭和六二年三月二三日厚生省令第一四号)
この省令は、昭和六十二年四月一日から施行する。
附 則 (昭和六三年一〇月三日厚生省令第五七号)
この省令は、昭和六十四年四月一日から施行する。
附 則 (昭和六三年一二月二〇日厚生省令第六六号)
この省令は、昭和六十四年一月一日から施行する。
附 則 (平成元年三月二四日厚生省令第一〇号) 抄
1 この省令は、公布の日から施行する。
2 この省令の施行の際この省令による改正前の様式(以下「旧様式」という。)により使用されている書類は、この省令による改正後の様式によるものとみなす。
3 この省令の施行の際現にある旧様式による用紙及び板については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。
4 この省令による改正後の省令の規定にかかわらず、この省令により改正された規定であって改正後の様式により記載することが適当でないものについては、当分の間、なお従前の例による。
附 則 (平成三年三月一九日厚生省令第一〇号)
この省令は、平成三年四月一日から施行する。
附 則 (平成三年三月二七日厚生省令第一五号)
この省令は、平成三年四月一日から施行する。
附 則 (平成六年二月二八日厚生省令第六号)
1 この省令は、平成六年四月一日から施行する。
2 この省令の施行の際現にあるこの省令による改正前の様式による用紙については、当分の間、これを使用することができる。
附 則 (平成六年三月三〇日厚生省令第一九号)
この省令は、平成六年四月一日から施行する。
附 則 (平成六年七月一日厚生省令第四七号) 抄
1 この省令は、公布の日から施行する。
5 この省令の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。
附 則 (平成六年一二月一四日厚生省令第七七号) 抄
(施行期日)
第一条 この省令は、公布の日から施行する。
附 則 (平成八年一一月二〇日厚生省令第六二号) 抄
1 この省令は、平成九年四月一日から施行する。
5 この省令の施行前に発生した事項につき第六条の規定による改正前の臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律施行規則第十七条第四項又は第五項の規定により届け出なければならないこととされている事項の届出については、なお従前の例による。
6 この省令による施行前のそれぞれの省令の規定によりされた申請、届出その他の手続は、附則第二項から前項までの規定に定めるものを除き、この省令による改正後のそれぞれの省令の相当規定によりされた申請、届出その他の手続とみなす。
7 この省令の施行の際現にあるこの省令による改正前の様式(以下「旧様式」という。)により使用されている書類は、この省令による改正後の様式によるものとみなす。
8 この省令の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。
附 則 (平成九年三月二七日厚生省令第二五号)
この省令は、平成九年四月一日から施行する。
1 この省令は、公布の日から施行する。ただし、第一条中臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律施行規則第十二条第十一号、第十二条の二及び第十六条第一項の改正規定並びに第二条中医療法施行規則第九条の八第一項第三号の改正規定は、平成十年十月一日から施行する。
2 第一条の規定による改正後の臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律施行規則第十六条第一項の規定は、前項ただし書に規定する規定の施行の日以後に生じた管理者の氏名の変更について適用し、同日前に生じた管理者の氏名の変更については、なお従前の例による。
附 則 (平成一一年一月一一日厚生省令第二号)
1 この省令は、公布の日から施行する。
2 この省令の施行の際現にあるこの省令による改正前の様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。
附 則 (平成一一年五月三一日厚生省令第六一号)
この省令は、平成十一年六月一日から施行する。
附 則 (平成一二年三月三〇日厚生省令第五五号)
この省令は、平成十二年四月一日から施行する。
附 則 (平成一二年三月三一日厚生省令第七七号)
この省令は、平成十二年四月一日から施行する。
附 則 (平成一二年一〇月二〇日厚生省令第一二七号) 抄
(施行期日)
1 この省令は、内閣法の一部を改正する法律(平成十一年法律第八十八号)の施行の日(平成十三年一月六日)から施行する。
(様式に関する経過措置)
3 この省令の施行の際現にあるこの省令による改正前の様式(次項において「旧様式」という。)により使用されている書類は、この省令による改正後の様式によるものとみなす。
4 この省令の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。
附 則 (平成一三年一月三一日厚生労働省令第九号)
(施行期日)
1 この省令は、平成十三年四月一日から施行する。
(経過措置)
2 この省令の施行の際現に臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律施行規則第十七条の二第一項の規定により都道府県知事に対する届出をしている者が行う当該届出については、この省令による改正後の臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律施行規則第十七条の二第一項第三号の規定にかかわらず、平成十五年三月三十一日までの間は、なお従前の例によることができる。
附 則 (平成一三年七月一三日厚生労働省令第一五六号)
この省令は、障害者等に係る欠格事由の適正化等を図るための医師法等の一部を改正する法律の施行の日(平成十三年七月十六日)から施行する。
附 則 (平成一三年九月二八日厚生労働省令第一九四号)
この省令は、公布の日から施行する。
附 則 (平成一四年七月一日厚生労働省令第八五号)
この省令は、公布の日から施行する。
附 則 (平成一六年三月二六日厚生労働省令第四七号)
この省令は、平成十六年三月二十九日から施行する。
附 則 (平成一七年六月一日厚生労働省令第一〇〇号)
この省令は、公布の日から施行する。
附 則 (平成一八年三月三一日厚生労働省令第七五号) 抄
(施行期日)
第一条 この省令は、臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律の一部を改正する法律(以下「平成十七年改正法」という。)及び臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律施行令の一部を改正する政令の施行の日(平成十八年四月一日)から施行する。
(臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律施行規則の一部改正に伴う経過措置)
第二条 平成十七年改正法附則第三条第一項に規定する者については、この省令による改正前の臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律施行規則第二条から第三条の三まで及び第十二条の規定は、なおその効力を有する。この場合において、同令第二条中「令第四条第五号」とあるのは「臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律施行令の一部を改正する政令(平成十八年政令第七十号)附則第二条第一項の規定によりなおその効力を有することとされた同令による改正前の臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律施行令(以下「旧令」という。)第四条第五号」と、同令第二条の二第一項中「令第五条第二項」とあるのは「旧令第五条第二項」と、同令第三条中「法第六条第二項」とあるのは「臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律の一部を改正する法律(平成十七年法律第三十九号。以下「平成十七年改正法」という。)附則第三条第三項の規定によりなおその効力を有することとされた平成十七年改正法による改正前の法第六条第二項」と、同令第三条の二中「令第七条第二項」とあるのは「旧令第七条第二項」と、同令第三条の三第一項中「令第八条第二項」とあるのは「旧令第八条第二項」と、同条第二項中「令第八条第三項」とあるのは「旧令第八条第三項」と、同令第十二条中「衛生検査技師」とあるのは「平成十七年改正法附則第三条第一項に規定する者」とする。
附 則 (平成二三年二月二三日厚生労働省令第一七号)
この省令は、平成二十三年四月一日から施行する。
附 則 (平成二五年一月九日厚生労働省令第二号)
この省令は、公布の日から施行する。
附 則 (平成二七年二月一二日厚生労働省令第一八号)
この省令は、平成二十七年四月一日から施行する。
別表第一(第十二条関係)
微生物学的検査
細菌培養同定検査
薬剤感受性検査
一 ふ卵器
二 顕微鏡
三 高圧蒸気滅菌器
病原体遺伝子検査
一 遺伝子増幅装置
二 遺伝子増幅産物検出装置
三 高速冷却遠心器
四 安全キャビネット
血清学的検査
血清学検査
一 恒温水槽
二 水平振とう
免疫学検査
自動免疫測定装置又はマイクロプレート用ウォッシャー及びマイクロプレート用リーダー
血液学的検査
血球算定検査
血液像検査
一 自動血球計数器
二 顕微鏡
出血・凝固検査
自動凝固検査装置
細胞性免疫検査
フローサイトメーター
染色体検査
一 CO2インキュベーター
二 クリーンベンチ
三 写真撮影装置又は画像解析装置
生殖細胞系列遺伝子検査
体細胞遺伝子検査(血液細胞による場合)
一 遺伝子増幅装置
二 遺伝子増幅産物検出装置
三 高速冷却遠心器
四 安全キャビネット
病理学的検査
病理組織検査
免疫組織化学検査
一 顕微鏡
二 ミクロトーム
三 パラフィン溶融器
四 パラフィン伸展器
五 染色に使用する器具又は装置
細胞検査
顕微鏡
分子病理学的検査
蛍光顕微鏡
体細胞遺伝子検査(血液細胞によらない場合)
一 遺伝子増幅装置
二 遺伝子増幅産物検出装置
三 高速冷却遠心器
四 安全キャビネット
寄生虫学的検査
寄生虫学的検査
顕微鏡
生化学的検査
生化学検査
一 天びん
二 純水製造器
三 自動分析装置又は分光光度計
尿・糞便等一般検査
顕微鏡
備考
一 検査用機械器具は、代替する機能を有する他の検査用機械器具をもつてこれに代えることができる。
二 二以上の内容の異なる検査をする衛生検査所にあつては、検査用機械器具を兼用のものとすることができる。ただし、微生物学的検査をするために必要な検査用機械器具は、専用のものでなければならない。
別表第二(第十二条関係)
一 微生物学的検査、血清学的検査、血液学的検査、病理学的検査、寄生虫学的検査及び生化学的検査のうち、一の検査のみをする衛生検査所
二十平方メートル
二 前号に掲げる検査のうち、二の検査をする衛生検査所
三十平方メートル
三 第一号に掲げる検査のうち、三の検査をする衛生検査所
四十平方メートル
四 第一号に掲げる検査のうち、四以上の検査をする衛生検査所
五十平方メートル
別表第三(第十二条関係)
放射線を放出する同位元素の種類
数量(Bq)
濃度(Bq/g)
核種
化学形等
3H
1×109
1×106
7Be
1×107
1×103
10Be
1×106
1×104
11C
一酸化物及び二酸化物
1×109
1×101
11C
一酸化物及び二酸化物以外のもの
1×106
1×101
14C
一酸化物
1×1011
1×108
14C
二酸化物
1×1011
1×107
14C
一酸化物及び二酸化物以外のもの
1×107
1×104
13N
1×109
1×102
15O
1×109
1×102
18F
1×106
1×101
19Ne
1×109
1×102
22Na
1×106
1×101
24Na
1×105
1×101
28Mg
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×101
26Al
1×105
1×101
31Si
1×106
1×103
32Si
1×106
1×103
32P
1×105
1×103
33P
1×108
1×105
35S
蒸気
1×109
1×106
35S
蒸気以外のもの
1×108
1×105
36Cl
1×106
1×104
38Cl
1×105
1×101
39Cl
1×105
1×101
37Ar
1×108
1×106
39Ar
1×104
1×107
41Ar
1×109
1×102
40K
1×106
1×102
42K
1×106
1×102
43K
1×106
1×101
44K
1×105
1×101
45K
1×105
1×101
41Ca
1×107
1×105
45Ca
1×107
1×104
47Ca
1×106
1×101
43Sc
1×106
1×101
44Sc
1×105
1×101
44mSc
1×107
1×102
46Sc
1×106
1×101
47Sc
1×106
1×102
48Sc
1×105
1×101
49Sc
1×105
1×103
44Ti
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×101
45Ti
1×106
1×101
47V
1×105
1×101
48V
1×105
1×101
49V
1×107
1×104
48Cr
1×106
1×102
49Cr
1×106
1×101
51Cr
1×107
1×103
51Mn
1×105
1×101
52Mn
1×105
1×101
52mMn
1×105
1×101
53Mn
1×109
1×104
54Mn
1×106
1×101
56Mn
1×105
1×101
52Fe
1×106
1×101
55Fe
1×106
1×104
59Fe
1×106
1×101
60Fe
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×102
55Co
1×106
1×101
56Co
1×105
1×101
57Co
1×106
1×102
58Co
1×106
1×101
58mCo
1×107
1×104
60Co
1×105
1×101
60mCo
1×106
1×103
61Co
1×106
1×102
62mCo
1×105
1×101
56Ni
1×106
1×101
57Ni
1×106
1×101
59Ni
1×108
1×104
63Ni
1×108
1×105
65Ni
1×106
1×101
66Ni
1×107
1×104
60Cu
1×105
1×101
61Cu
1×106
1×101
64Cu
1×106
1×102
67Cu
1×106
1×102
62Zn
1×106
1×102
63Zn
1×105
1×101
65Zn
1×106
1×101
69Zn
1×106
1×104
69mZn
1×106
1×102
71mZn
1×106
1×101
72Zn
1×106
1×102
65Ga
1×105
1×101
66Ga
1×105
1×101
67Ga
1×106
1×102
68Ga
1×105
1×101
70Ga
1×106
1×103
72Ga
1×105
1×101
73Ga
1×106
1×102
66Ge
1×106
1×101
67Ge
1×105
1×101
68Ge
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×101
69Ge
1×106
1×101
71Ge
1×108
1×104
75Ge
1×106
1×103
77Ge
1×105
1×101
78Ge
1×106
1×102
69As
1×105
1×101
70As
1×105
1×101
71As
1×106
1×101
72As
1×105
1×101
73As
1×107
1×103
74As
1×106
1×101
76As
1×105
1×102
77As
1×106
1×103
78As
1×105
1×101
70Se
1×106
1×101
73Se
1×106
1×101
73mSe
1×106
1×102
75Se
1×106
1×102
79Se
1×107
1×104
81Se
1×106
1×103
81mSe
1×107
1×103
83Se
1×105
1×101
74Br
1×105
1×101
74mBr
1×105
1×101
75Br
1×106
1×101
76Br
1×105
1×101
77Br
1×106
1×102
80Br
1×105
1×102
80mBr
1×107
1×103
82Br
1×106
1×101
83Br
1×106
1×103
84Br
1×105
1×101
74Kr
1×109
1×102
76Kr
1×109
1×102
77Kr
1×109
1×102
79Kr
1×105
1×103
81Kr
1×107
1×104
81mKr
1×1010
1×103
83mKr
1×1012
1×105
85Kr
1×104
1×105
85mKr
1×1010
1×103
87Kr
1×109
1×102
88Kr
1×109
1×102
79Rb
1×105
1×101
81Rb
1×106
1×101
81mRb
1×107
1×103
82mRb
1×106
1×101
83Rb
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×106
1×102
84Rb
1×106
1×101
86Rb
1×105
1×102
87Rb
1×107
1×104
88Rb
1×105
1×101
89Rb
1×105
1×101
80Sr
1×107
1×103
81Sr
1×105
1×101
82Sr
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×101
83Sr
1×106
1×101
85Sr
1×106
1×102
85mSr
1×107
1×102
87mSr
1×106
1×102
89Sr
1×106
1×103
90Sr
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×104
1×102
91Sr
1×105
1×101
92Sr
1×106
1×101
86Y
1×105
1×101
86mY
1×107
1×102
87Y
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×106
1×101
88Y
1×106
1×101
90Y
1×105
1×103
90mY
1×106
1×101
91Y
1×106
1×103
91mY
1×106
1×102
92Y
1×105
1×102
93Y
1×105
1×102
94Y
1×105
1×101
95Y
1×105
1×101
86Zr
1×107
1×102
88Zr
1×106
1×102
89Zr
1×106
1×101
93Zr
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×107
1×103
95Zr
1×106
1×101
97Zr
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×101
88Nb
1×105
1×101
89Nb
1×105
1×101
90Nb
1×105
1×101
93mNb
1×107
1×104
94Nb
1×106
1×101
95Nb
1×106
1×101
95mNb
1×107
1×102
96Nb
1×105
1×101
97Nb
1×106
1×101
98Nb
1×105
1×101
90Mo
1×106
1×101
93Mo
1×108
1×103
93mMo
1×106
1×101
99Mo
1×106
1×102
101Mo
1×106
1×101
93Tc
1×106
1×101
93mTc
1×106
1×101
94Tc
1×106
1×101
94mTc
1×105
1×101
95Tc
1×106
1×101
95mTc
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×106
1×101
96Tc
1×106
1×101
96mTc
1×107
1×103
97Tc
1×108
1×103
97mTc
1×107
1×103
98Tc
1×106
1×101
99Tc
1×107
1×104
99mTc
1×107
1×102
101Tc
1×106
1×102
104Tc
1×105
1×101
94Ru
1×106
1×102
97Ru
1×107
1×102
103Ru
1×106
1×102
105Ru
1×106
1×101
106Ru
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×102
99Rh
1×106
1×101
99mRh
1×106
1×101
100Rh
1×106
1×101
101Rh
1×107
1×102
101mRh
1×107
1×102
102Rh
1×106
1×101
102mRh
1×106
1×102
103mRh
1×108
1×104
105Rh
1×107
1×102
106mRh
1×105
1×101
107Rh
1×106
1×102
100Pd
1×107
1×102
101Pd
1×106
1×102
103Pd
1×108
1×103
107Pd
1×108
1×105
109Pd
1×106
1×103
102Ag
1×105
1×101
103Ag
1×106
1×101
104Ag
1×106
1×101
104mAg
1×106
1×101
105Ag
1×106
1×102
106Ag
1×106
1×101
106mAg
1×106
1×101
108mAg
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×106
1×101
110mAg
1×106
1×101
111Ag
1×106
1×103
112Ag
1×105
1×101
115Ag
1×105
1×101
104Cd
1×107
1×102
107Cd
1×107
1×103
109Cd
1×106
1×104
113Cd
1×106
1×103
113mCd
1×106
1×103
115Cd
1×106
1×102
115mCd
1×106
1×103
117Cd
1×106
1×101
117mCd
1×106
1×101
109In
1×106
1×101
110In
物理的半減期が4.90時間のもの
1×106
1×101
110In
物理的半減期が1.15時間のもの
1×105
1×101
111In
1×106
1×102
112In
1×106
1×102
113mIn
1×106
1×102
114In
1×105
1×103
114mIn
1×106
1×102
115In
1×105
1×103
115mIn
1×106
1×102
116mIn
1×105
1×101
117In
1×106
1×101
117mIn
1×106
1×102
119mIn
1×105
1×102
110Sn
1×107
1×102
111Sn
1×106
1×102
113Sn
1×107
1×103
117mSn
1×106
1×102
119mSn
1×107
1×103
121Sn
1×107
1×105
121mSn
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×107
1×103
123Sn
1×106
1×103
123mSn
1×106
1×102
125Sn
1×105
1×102
126Sn
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×101
127Sn
1×106
1×101
128Sn
1×106
1×101
115Sb
1×106
1×101
116Sb
1×106
1×101
116mSb
1×105
1×101
117Sb
1×107
1×102
118mSb
1×106
1×101
119Sb
1×107
1×103
120Sb
物理的半減期が5.76日のもの
1×106
1×101
120Sb
物理的半減期が0.265時間のもの
1×106
1×102
122Sb
1×104
1×102
124Sb
1×106
1×101
124mSb
1×106
1×102
125Sb
1×106
1×102
126Sb
1×105
1×101
126mSb
1×105
1×101
127Sb
1×106
1×101
128Sb
1×105
1×101
129Sb
1×106
1×101
130Sb
1×105
1×101
131Sb
1×106
1×101
116Te
1×107
1×102
121Te
1×106
1×101
121mTe
1×106
1×102
123Te
1×106
1×103
123mTe
1×107
1×102
125mTe
1×107
1×103
127Te
1×106
1×103
127mTe
1×107
1×103
129Te
1×106
1×102
129mTe
1×106
1×103
131Te
1×105
1×102
131mTe
1×106
1×101
132Te
1×107
1×102
133Te
1×105
1×101
133mTe
1×105
1×101
134Te
1×106
1×101
120I
1×105
1×101
120mI
1×105
1×101
121I
1×106
1×102
123I
1×107
1×102
124I
1×106
1×101
125I
1×106
1×103
126I
1×106
1×102
128I
1×105
1×102
129I
1×105
1×102
130I
1×106
1×101
131I
1×106
1×102
132I
1×105
1×101
132mI
1×106
1×102
133I
1×106
1×101
134I
1×105
1×101
135I
1×106
1×101
120Xe
1×109
1×102
121Xe
1×109
1×102
122Xe
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×109
1×102
123Xe
1×109
1×102
125Xe
1×109
1×103
127Xe
1×105
1×103
129mXe
1×104
1×103
131mXe
1×104
1×104
133Xe
1×104
1×103
133mXe
1×104
1×103
135Xe
1×1010
1×103
135mXe
1×109
1×102
138Xe
1×109
1×102
125Cs
1×104
1×101
127Cs
1×105
1×102
129Cs
1×105
1×102
130Cs
1×106
1×102
131Cs
1×106
1×103
132Cs
1×105
1×101
134Cs
1×104
1×101
134mCs
1×105
1×103
135Cs
1×107
1×104
135mCs
1×106
1×101
136Cs
1×105
1×101
137Cs
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×104
1×101
138Cs
1×104
1×101
126Ba
1×107
1×102
128Ba
1×107
1×102
131Ba
1×106
1×102
131mBa
1×107
1×102
133Ba
1×106
1×102
133mBa
1×106
1×102
135mBa
1×106
1×102
137mBa
1×106
1×101
139Ba
1×105
1×102
140Ba
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×101
141Ba
1×105
1×101
142Ba
1×106
1×101
131La
1×106
1×101
132La
1×106
1×101
135La
1×107
1×103
137La
1×107
1×103
138La
1×106
1×101
140La
1×105
1×101
141La
1×105
1×102
142La
1×105
1×101
143La
1×105
1×102
134Ce
1×107
1×103
135Ce
1×106
1×101
137Ce
1×107
1×103
137mCe
1×106
1×103
139Ce
1×106
1×102
141Ce
1×107
1×102
143Ce
1×106
1×102
144Ce
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×102
136Pr
1×105
1×101
137Pr
1×106
1×102
138mPr
1×106
1×101
139Pr
1×107
1×102
142Pr
1×105
1×102
142mPr
1×109
1×107
143Pr
1×106
1×104
144Pr
1×105
1×102
145Pr
1×105
1×103
147Pr
1×105
1×101
136Nd
1×106
1×102
138Nd
1×107
1×103
139Nd
1×106
1×102
139mNd
1×106
1×101
141Nd
1×107
1×102
147Nd
1×106
1×102
149Nd
1×106
1×102
151Nd
1×105
1×101
141Pm
1×105
1×101
143Pm
1×106
1×102
144Pm
1×106
1×101
145Pm
1×107
1×103
146Pm
1×106
1×101
147Pm
1×107
1×104
148Pm
1×105
1×101
148mPm
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×106
1×101
149Pm
1×106
1×103
150Pm
1×105
1×101
151Pm
1×106
1×102
141Sm
1×105
1×101
141mSm
1×106
1×101
142Sm
1×107
1×102
145Sm
1×107
1×102
146Sm
1×105
1×101
147Sm
サマリウム中の147Smの天然の組成を人為的に変えたもの
1×104
1×101
147Sm
サマリウム中の147Smの天然の組成を人為的に変えていないもの
1×104
1.3×102
151Sm
1×108
1×104
153Sm
1×106
1×102
155Sm
1×106
1×102
156Sm
1×106
1×102
145Eu
1×106
1×101
146Eu
1×106
1×101
147Eu
1×106
1×102
148Eu
1×106
1×101
149Eu
1×107
1×102
150Eu
物理的半減期が34.2年のもの
1×106
1×101
150Eu
物理的半減期が12.6時間のもの
1×106
1×103
152Eu
1×106
1×101
152mEu
1×106
1×102
154Eu
1×106
1×101
155Eu
1×107
1×102
156Eu
1×106
1×101
157Eu
1×106
1×102
158Eu
1×105
1×101
145Gd
1×105
1×101
146Gd
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×106
1×101
147Gd
1×106
1×101
148Gd
1×104
1×101
149Gd
1×106
1×102
151Gd
1×107
1×102
152Gd
1×104
1×101
153Gd
1×107
1×102
159Gd
1×106
1×103
147Tb
1×106
1×101
149Tb
1×106
1×101
150Tb
1×106
1×101
151Tb
1×106
1×101
153Tb
1×107
1×102
154Tb
1×106
1×101
155Tb
1×107
1×102
156Tb
1×106
1×101
156mTb
物理的半減期が1.02日のもの
1×107
1×103
156mTb
物理的半減期が5.00時間のもの
1×107
1×104
157Tb
1×107
1×104
158Tb
1×106
1×101
160Tb
1×106
1×101
161Tb
1×106
1×103
155Dy
1×106
1×101
157Dy
1×106
1×102
159Dy
1×107
1×103
165Dy
1×106
1×103
166Dy
1×106
1×103
155Ho
1×106
1×102
157Ho
1×106
1×102
159Ho
1×106
1×102
161Ho
1×107
1×102
162Ho
1×107
1×102
162mHo
1×106
1×101
164Ho
1×106
1×103
164mHo
1×107
1×103
166Ho
1×105
1×103
166mHo
1×106
1×101
167Ho
1×106
1×102
161Er
1×106
1×101
165Er
1×107
1×103
169Er
1×107
1×104
171Er
1×106
1×102
172Er
1×106
1×102
162Tm
1×106
1×101
166Tm
1×106
1×101
167Tm
1×106
1×102
170Tm
1×106
1×103
171Tm
1×108
1×104
172Tm
1×106
1×102
173Tm
1×106
1×102
175Tm
1×106
1×101
162Yb
1×107
1×102
166Yb
1×107
1×102
167Yb
1×106
1×102
169Yb
1×107
1×102
175Yb
1×107
1×103
177Yb
1×106
1×102
178Yb
1×106
1×103
169Lu
1×106
1×101
170Lu
1×106
1×101
171Lu
1×106
1×101
172Lu
1×106
1×101
173Lu
1×107
1×102
174Lu
1×107
1×102
174mLu
1×107
1×102
176Lu
1×106
1×102
176mLu
1×106
1×103
177Lu
1×107
1×103
177mLu
1×106
1×101
178Lu
1×105
1×102
178mLu
1×105
1×101
179Lu
1×106
1×103
170Hf
1×106
1×102
172Hf
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×106
1×101
173Hf
1×106
1×102
175Hf
1×106
1×102
177mHf
1×105
1×101
178mHf
1×106
1×101
179mHf
1×106
1×101
180mHf
1×106
1×101
181Hf
1×106
1×101
182Hf
1×106
1×102
182mHf
1×106
1×101
183Hf
1×106
1×101
184Hf
1×106
1×102
172Ta
1×106
1×101
173Ta
1×106
1×101
174Ta
1×106
1×101
175Ta
1×106
1×101
176Ta
1×106
1×101
177Ta
1×107
1×102
178Ta
1×106
1×101
179Ta
1×107
1×103
180Ta
1×106
1×101
180mTa
1×107
1×103
182Ta
1×104
1×101
182mTa
1×106
1×102
183Ta
1×106
1×102
184Ta
1×106
1×101
185Ta
1×105
1×102
186Ta
1×105
1×101
176W
1×106
1×102
177W
1×106
1×101
178W
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×106
1×101
179W
1×107
1×102
181W
1×107
1×103
185W
1×107
1×104
187W
1×106
1×102
188W
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×102
177Re
1×106
1×101
178Re
1×106
1×101
181Re
1×106
1×101
182Re
1×106
1×101
184Re
1×106
1×101
184mRe
1×106
1×102
186Re
1×106
1×103
186mRe
1×107
1×103
187Re
1×109
1×106
188Re
1×105
1×102
188mRe
1×107
1×102
189Re
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×106
1×102
180Os
1×107
1×102
181Os
1×106
1×101
182Os
1×106
1×102
185Os
1×106
1×101
189mOs
1×107
1×104
191Os
1×107
1×102
191mOs
1×107
1×103
193Os
1×106
1×102
194Os
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×102
182Ir
1×105
1×101
184Ir
1×106
1×101
185Ir
1×106
1×101
186Ir
1×106
1×101
187Ir
1×106
1×102
188Ir
1×106
1×101
189Ir
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×107
1×102
190Ir
1×106
1×101
190mIr
物理的半減期が3.10時間のもの
1×106
1×101
190mIr
物理的半減期が1.20時間のもの
1×107
1×104
192Ir
1×104
1×101
192mIr
1×107
1×102
193mIr
1×107
1×104
194Ir
1×105
1×102
194mIr
1×106
1×101
195Ir
1×106
1×102
195mIr
1×106
1×102
186Pt
1×106
1×101
188Pt
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×106
1×101
189Pt
1×106
1×102
191Pt
1×106
1×102
193Pt
1×107
1×104
193mPt
1×107
1×103
195mPt
1×106
1×102
197Pt
1×106
1×103
197mPt
1×106
1×102
199Pt
1×106
1×102
200Pt
1×106
1×102
193Au
1×107
1×102
194Au
1×106
1×101
195Au
1×107
1×102
198Au
1×106
1×102
198mAu
1×106
1×101
199Au
1×106
1×102
200Au
1×105
1×102
200mAu
1×106
1×101
201Au
1×106
1×102
193Hg
1×106
1×102
193mHg
1×106
1×101
194Hg
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×106
1×101
195Hg
1×106
1×102
195mHg
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×106
1×102
197Hg
1×107
1×102
197mHg
1×106
1×102
199mHg
1×106
1×102
203Hg
1×105
1×102
194Tl
1×106
1×101
194mTl
1×106
1×101
195Tl
1×106
1×101
197Tl
1×106
1×102
198Tl
1×106
1×101
198mTl
1×106
1×101
199Tl
1×106
1×102
200Tl
1×106
1×101
201Tl
1×106
1×102
202Tl
1×106
1×102
204Tl
1×104
1×104
195mPb
1×106
1×101
198Pb
1×106
1×102
199Pb
1×106
1×101
200Pb
1×106
1×102
201Pb
1×106
1×101
202Pb
1×106
1×103
202mPb
1×106
1×101
203Pb
1×106
1×102
205Pb
1×107
1×104
209Pb
1×106
1×105
210Pb
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×104
1×101
211Pb
1×106
1×102
212Pb
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×101
214Pb
1×106
1×102
200Bi
1×106
1×101
201Bi
1×106
1×101
202Bi
1×106
1×101
203Bi
1×106
1×101
205Bi
1×106
1×101
206Bi
1×105
1×101
207Bi
1×106
1×101
210Bi
1×106
1×103
210mBi
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×101
212Bi
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×101
213Bi
1×106
1×102
214Bi
1×105
1×101
203Po
1×106
1×101
205Po
1×106
1×101
206Po
1×106
1×101
207Po
1×106
1×101
208Po
1×104
1×101
209Po
1×104
1×101
210Po
1×104
1×101
207At
1×106
1×101
211At
1×107
1×103
220Rn
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×107
1×104
222Rn
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×108
1×101
222Fr
1×105
1×103
223Fr
1×106
1×102
223Ra
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×102
224Ra
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×101
225Ra
1×105
1×102
226Ra
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×104
1×101
227Ra
1×106
1×102
228Ra
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×105
1×101
224Ac
1×106
1×102
225Ac
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×104
1×101
226Ac
1×105
1×102
227Ac
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×103
1×10-1
228Ac
1×106
1×101
227Pa
1×106
1×103
228Pa
1×106
1×101
230Pa
1×106
1×101
231Pa
1×103
1×100
232Pa
1×106
1×101
233Pa
1×107
1×102
234Pa
1×106
1×101
232Np
1×106
1×101
233Np
1×107
1×102
234Np
1×106
1×101
235Np
1×107
1×103
236Np
物理的半減期が1.15×105年のもの
1×105
1×102
236Np
物理的半減期が22.5時間のもの
1×107
1×103
237Np
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×103
1×100
238Np
1×106
1×102
239Np
1×107
1×102
240Np
1×106
1×101
237Am
1×106
1×102
238Am
1×106
1×101
239Am
1×106
1×102
240Am
1×106
1×101
241Am
1×104
1×100
242Am
1×106
1×103
242mAm
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×104
1×100
243Am
放射平衡中の子孫核種を含む。
1×103
1×100
244Am
1×106
1×101
244mAm
1×107
1×104
245Am
1×106
1×103
246Am
1×105
1×101
246mAm
1×106
1×101
238Cm
1×107
1×102
240Cm
1×105
1×102
241Cm
1×106
1×102
242Cm
1×105
1×102
243Cm
1×104
1×100
244Cm
1×104
1×101
245Cm
1×103
1×100
246Cm
1×103
1×100
247Cm
1×104
1×100
248Cm
1×103
1×100
249Cm
1×106
1×103
250Cm
1×103
1×10-1
245Bk
1×106
1×102
246Bk
1×106
1×101
247Bk
1×104
1×100
249Bk
1×106
1×103
250Bk
1×106
1×101
244Cf
1×107
1×104
246Cf
1×106
1×103
248Cf
1×104
1×101
249Cf
1×103
1×100
250Cf
1×104
1×101
251Cf
1×103
1×100
252Cf
1×104
1×101
253Cf
1×105
1×102
254Cf
1×103
1×100
250Es
1×106
1×102
251Es
1×107
1×102
253Es
1×105
1×102
254Es
1×104
1×101
254mEs
1×106
1×102
252Fm
1×106
1×103
253Fm
1×106
1×102
254Fm
1×107
1×104
255Fm
1×106
1×103
257Fm
1×105
1×101
257Md
1×107
1×102
258Md
1×105
1×102
その他の同位元素
アルファ線を放出するもの
1×103
1×10-1
アルファ線を放出しないもの
1×104
1×10-1
備考
一 放射性同位元素の種類が二種類以上の場合については、この表に掲げる種類の放射性同位元素のそれぞれの数量及び濃度のこの表に掲げる数量及び濃度に対する割合の和が1となるような放射性同位元素の数量及び濃度とする。
二 原子力基本法(昭和三十年法律第百八十六号)第三条第二号に規定する核燃料物質及び同条第三号に規定する核原料物質を除く。
三 数量及び濃度について、放射平衡に含める親核種と子孫核種は次表による。
親核種
子孫核種
28Mg
28Al
44Ti
44Sc
60Fe
60mCo
68Ge
68Ga
83Rb
83mKr
82Sr
82Rb
90Sr
90Y
87Y
87mSr
93Zr
93mNb
97Zr
97Nb
95mTc
95Tc(0.04)
106Ru
106Rh
108mAg
108Ag(0.089)
121mSn
121Sn(0.776)
126Sn
126mSb
122Xe
122I
137Cs
137mBa
140Ba
140La
144Ce
144Pr
148mPm
148Pm(0.046)
146Gd
146Eu
172Hf
172Lu
178W
178Ta
188W
188Re
189Re
189mOs(0.241)
194Os
194Ir
189Ir
189mOs
188Pt
188Ir
194Hg
194Au
195mHg
195Hg(0.542)
210Pb
210Bi、210Po
212Pb
212Bi、208Tl(0.36)、212Po(0.64)
210mBi
206Tl
212Bi
208Tl(0.36)、212Po(0.64)
220Rn
216Po
222Rn
218Po、214Pb、214Bi、214Po
223Ra
219Rn、215Po、211Pb、211Bi、207Tl
224Ra
220Rn、216Po、212Pb、212Bi、208Tl(0.36)、212Po(0.64)
226Ra
222Rn、218Po、214Pb、214Bi、214Po、210Pb、210Bi、210Po
228Ra
228Ac
225Ac
221Fr、217At、213Bi、213Po(0.978)、209Tl(0.0216)、209Pb(0.978)
227Ac
223Fr(0.0138)
237Np
233Pa
242mAm
242Am
243Am
239Np
別表第四(第十二条関係)
一 微生物学的検査、血清学的検査、血液学的検査、病理学的検査、寄生虫学的検査及び生化学的検査のうち、一の検査のみをする衛生検査所
一人
二 前号に掲げる検査のうち、二以上の検査をする衛生検査所(次号に該当する衛生検査所を除く。)
二人
三 第一号に掲げる検査のうち、微生物学的検査、血液学的検査及び生化学的検査のいずれをも含む三以上の検査をする衛生検査所
三人
別表第五(第十二条関係)
作成すべき標準作業書の種類
記載すべき事項
検体受領標準作業書
一 医療機関等において検体を受領するときの確認に関する事項
二 受領書の発行に関する事項
三 検体受領作業日誌の記入要領
四 作成及び改定年月日
検体搬送標準作業書
一 一般的な搬送条件及び注意事項
二 搬送時間又は搬送条件に特に配慮を要する検査項目及び当該配慮すべき事項
三 保存条件ごとの専用搬送ボックスの取扱いに関する事項
四 衛生検査所等への搬送の過程において一時的に検体を保管するときの注意事項
五 検体搬送作業日誌の記入要領
六 作成及び改定年月日
検体受付及び仕分標準作業書
一 衛生検査所において検体を受け付け、及び仕分けるときの確認に関する事項
二 検体受付及び仕分作業日誌の記入要領
三 作成及び改定年月日
血清分離標準作業書
一 血清分離作業前の検査用機械器具の点検方法
二 血清分離室の温度条件
三 遠心器の回転数並びに遠心分離を行う時間及び温度条件
四 遠心分離に関して特に配慮を要する検査項目及び当該配慮すべき事項
五 血清分離作業日誌の記入要領
六 作成及び改定年月日
検査機器保守管理標準作業書
一 常時行うべき保守点検の方法
二 定期的な保守点検に関する計画
三 測定中に故障が起こつた場合の対応(検体の取扱いを含む。)に関する事項
四 検査機器保守管理作業日誌の記入要領
五 作成及び改定年月日
測定標準作業書
一 検査室の温度及び湿度条件
二 検査室において検体を受領するときの取扱いに関する事項
三 測定の実施方法
四 管理試料及び標準物質の取扱方法
五 検査用機械器具の操作方法
六 測定に当たつての注意事項
七 基準値及び判定基準(形態学的検査及び画像認識による検査の正常像及び判定基準を含む。)
八 異常値を示した検体の取扱方法(再検査の実施基準を含む。)
九 精度管理の方法及び評価基準
十 測定作業日誌の記入要領
十一 作成及び改定年月日
備考
一 血清分離のみを行う衛生検査所にあつては、検体受付及び仕分標準作業書及び測定標準作業書を作成することを要しない。
二 血清分離を行わない衛生検査所にあつては、血清分離標準作業書を作成することを要しない。
様式第一(第一条の四関係)
様式第二(第二条の二、第三条の二関係)
様式第三(第三条関係)
様式第四(第三条の三関係)
様式第五(第六条関係)
様式第六(第十一条関係)
様式第七(第十四条関係)
様式第八(第十五条関係)
様式第九(第十六条関係)
様式第十(第十八条関係)
様式第十一(第十九条関係)
様式第十二(第二十二条関係)