電子政府の総合窓口 e-Gov[イーガブ]
別画面で表示     XML形式ダウンロード     日本法令索引     お問合せ    
このページへのリンク:
久六島周辺における漁業についての漁業法の特例に関する法律 データベースに未反映の改正がある場合があります。
最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。
(昭和二十八年法律第二百五十三号)
施行日: 基準日時点
最終更新: 基準日 法令ごとに表示される「最終更新」とは?
久六島周辺における漁業についての漁業法の特例に関する法律
昭和二十八年法律第二百五十三号
久六島周辺における漁業についての漁業法の特例に関する法律
1 農林水産大臣は、久六島(北緯四十度三十一分、東経百三十九度三十分附近の海面にある島 をいう。)周辺の農林水産大臣が指定する海域における漁業につき、漁業調整上特に必要があると認めるときは、当該海域内にある漁場を管轄する県知事の漁業法(昭和二十四年法律第二百六十七号)に基く権限の全部又は一部を行うことができる。
2 農林水産大臣は、前項の規定により県知事の権限を行う場合には、その旨を告示しなければならない。
附 則
この法律は、公布の日から施行する。
附 則 (昭和五三年七月五日法律第八七号) 抄
(施行期日)
第一条 この法律は、公布の日から施行する。